協会のご案内・入会案内 協会誌メープル 文化交流の広場 Events&Topics リンク

ホーム > 機関誌「メイプル東北」 > メイプルVol.19

機関誌「メイプル」 イメージ
バックナンバー
Maple19

PDF版ダウンロード
PDFファイルをご覧頂くには
『Adobe Acrobat Reader』
が必要です。
 アドビ アクロバット リーダー



平成12年度定時総会開催

 去る5月15日、仙台市内のホテルにおいて、東北日本カナダ協会の平成12年度定時 総会を開催しました。

 総会にはカナダ大使館から、ブルース・L・バーネット参事官をお迎えして、会員94名が出席しました。総会では、明間会長の議事進行により、平成11年度の事業報告ならびに決算報告、平成11年度の事業計画ならびに事業予算についての議案が承認されました。

 定時総会終了後には、テレビ「アンの風にのって」でご活躍の宮城大学講師・作家のアン・マクドナルドさんが、「新発見日本」と題して講演しました、学生時代から日本に留学し、数多くの経験にもとづいたお話に、聴衆は熱心に聞き入っていました。 また恒例の懇親パーティでは、1998年のカナダツアーでカナダに植えた桜の木の映像や、カナダ艦船仙台寄港の映像などがスクリーンに写し出され、会員のみなさんが懇談に花を咲かせていました。

会長
総会に先立ち挨拶される明間会長 講演するアン・マクドナルド先生
懇親会
懇親会の模様 会員と談笑するブルースバーネット参事官

 



ページトップへ戻る


「極北のイヌイットアート展」仙台展開催のお知らせ


 1.今年度活動の方向
 協会自体の規模が大きくなってきた中、会員のボランティアによる協力や様々な形での支援を得ながら、身近で親しみやすいイベントや、会員の創意・工夫を活かした自主的活動 への支援を行う。

 2.事業内容
(1) カナダ艦船仙台寄港に伴う一連行事への協力
(2)総会および講演会の開催
(3)クリスマスパーティーの実施
(4)著名カナダ人による10周年記念講演会の開催
(5)カナダ文化の紹介活動
(6)経済講演会やセミナーの実施・協力【2回/年】
(7)会員相互の交流拡大に向けたイベントへの支援【1〜2回/年】
(8)インターネットを使った情報発信
(9)会員への情報提供サービスの充実

 役員改選
退任された方々(敬称略)
顧 問 若生 修 元(財)宮城県国際交流協会理事長
  斎川 慶一郎 元仙台商工会議所会頭
 副会長 木下 藤次郎 (株)ユアテック相談役
  新本 恭弘 元セルコホーム(株)代表取締役社長(平成11年7月ご逝去)
新任役員の方々 (敬称略)
  顧問 浅野 史郎 (財)宮城県国際交流協会理事長
  村松 巌 仙台商工会議所会頭
  副会長 八島 俊章 東北電力(株)取締役社長
  中澤 博司 (株)ユアテック代表取締役会長
  新本 恭雄 セルコホーム代表取締役社長
  ●退任される方々たいへんお世話になりました。新任の方々これからもよろしくお願いいたします。

新 八島副会長
新本副会長 八島新副会長



ページトップへ戻る


カナダ艦船仙台寄港 カナダ関連イベント開催される

カナダ艦船仙台寄港 カナダ関連イベント開催される

艦船画像
カナダ艦船寄港

 4月25日から28日までカナダ海軍の二隻の艦船「アルゴンキン」、「ウイニペグ」が親善訪問のため仙台港に寄港しました。

 艦船の寄港は友好のシンボルとされており、これまで深めてきたカナダと東北との交流の絆を更に深めたいというレナード J.エドワーズ駐日カナダ大使の強い希望により、今回初の仙台港寄港となったものです。

 明間会長は4月25日の歓迎セレモニー、カナダ太平洋艦隊司令官主催の昼食会とカナダ大使主催のレセプションなどの公式行事に主賓として招かれ、活発な民間外交を行いました。

カナダ物産フェア

 寄港中には、船内の一般公開、カナダ艦船乗組員による市民の家庭訪問や、日加対抗親善アイスホッケーなど仙台市民との交流、カナダ物産フェア(JR仙台駅)、カナダフードフェア、(仙台ホテル、仙台プラザホテル)そしてカナダ建材セミナー、乗組員による市民との交流・ホームビジットプログラムなど様々なイベントが行われました。

 東北日本カナダ協会はほぼこれら全ての行事に全面的に協力し東北とカナダとの文化・ 経済両面の交流拡大と友好関係の促進のため尽力しました。



ページトップへ戻る


カナダ艦船仙台寄港 カナダ関連イベント開催される

オペラアトリエ ドン・ジョバンニ仙台公演

オペラ

 6月6日宮城県民会館にてカナディアン・バロック・オペラ・カンパニー「オペラアトリエ」 によるドン・ジョバンニの公演がありました。オペラアトリエは1986年創立の比較的新しいカンパニーですが、作曲家が書いた楽譜に沿って初演当時の上演方法を強調する独自の上演スタイルをもっているユニークな団体です。

  今回の仙台公演は、主催の河北新報社様のご厚意により、協会会員にはチケットを有利な条件でご提供頂き、会場には会員の皆様の姿も目立ちました。

 公演が始まりますと、美しい音楽とアリアに拍手がおきる一方、時折ある通常のオペラとは異なるコミカルな演出に開場から笑いが起こるなど、盛況のうちに公演が終了しました。


バックナンバー

ページトップへ戻る


Tohoku Canada-Japan Society
All Rights Reserved,Copyright(C)1996,Tohoku Canada-Japan Society.