協会のご案内・入会案内 協会誌メープル 文化交流の広場 Events&Topics リンク

ホーム > 機関誌「メイプル東北」 > メイプルVol.27

機関誌「メイプル」 イメージ
バックナンバー
Maple27

PDF版ダウンロード
PDFファイルをご覧頂くには
『Adobe Acrobat Reader』
が必要です。
 アドビ アクロバット リーダー



平成16年度定時総会(6月8日(火):於 江陽グランドホテル)

総会:欠席の明間会長に代わって挨拶および議事進行を行う黒田副会長

 来賓に、東京のカナダ大使館商務部三等書記官ドゥエイン・ロブソン氏、当協会顧問手島典男氏をお迎えし、約70名の出席のもと開催しました。
 議事は、黒田副会長の進行により、平成15年度の事業報告および決算報告、平成16年度の事業計画および事業予算、役員改選について審議を行い、それぞれ承認されました。(内容は下記に記載)

 総会後はカナダ人ヴァイオリニストのキャサリン・キャッシュさんによるミニコンサートを開催。バラードやポップスなど幅広いジャンルの全12曲が演奏され、ヴァイオリンの美しい音色で聴衆を魅了しました。
 続いて行われた懇親会は、手島顧問のご挨拶、早川副会長による乾杯ご発声で始まり、キャッシュさんも参加されて楽しい交流ができました。

ミニコンサート:カナダ人ヴァイオリニストのキャサリン・キャッシュさん 懇親会:手島顧問(左)のご挨拶の後、早川副会長(右)のご発声で乾杯。

◆ 15年度決算報告
◇ 収入の部 (単位:円)
項目 決算
会費 2,877,185
特別会費(注1) 694,500
その他(注2) 9
3,571,694
前年度からの繰越金 137,385
3,709,079

(注1)懇親会・カナディアンカルチャースクール・クリスマスパーティーの参加費
(注2)普通預金利子
◇ 支出の部 (単位:円)
項目 決算
会議費 568,838
事業費(注3) 1,573,516
事務費 546,243
予備費 0
2,688,597
次年度への繰越金 1,020,482
3,709,079

(注3)機関紙メイプル25、26号作成、クリスマスパーティー、カナディアンカルチャースクールの開催など

◆ 16年度事業計画
  1. 総会および懇親会の開催
  2. クリスマスパーティーの実施
  3. カナダ文化の紹介活動
    (1) カナディアンカルチャースクール
    (2) 日加外交関係樹立75周年記念イベント
    (3) 各種講演会や音楽会への協力
  4. 会員相互親睦を図る交流会と情報提供サービスの充実
  5. その他、大使館、他団体からの要請についても必要に応じ、随時対応していく。

◆ 東北カナダ協会役員
(平成16年6月8日現在)
名誉会長 ロバート G.ライト 駐日カナダ大使
顧  問 村松  巌 仙台商工会議所会頭
手島 典男 仙台経済同友会顧問
一力 一夫 (株)河北新報社社主・会長 東北放送(株)代表取締役会長
亀井 文蔵 カメイ(株)代表取締役名誉会長
 征英 (財)宮城県国際交流協会理事長
会  長 明間 輝行 (社)東北経済連合会名誉会長
副 会 長 黒田 四郎 (社)東北経済連合会顧問
早川 二郎 (株)仙台放送名誉顧問
八島 俊章 東北電力(株)取締役会長
中澤 博司 (株)ユアテック相談役
新本 恭雄 セルコホーム(株)代表取締役社長
勝股 康行 (株)七十七銀行代表取締役会長
小林 智夫 東日本興業(株)相談役
監 事 日下 睦男 (株)仙台銀行常勤取締役相談役
木 健介 (株)東日本放送代表取締役社長
※ 退任 (顧問)菊地 清明 元駐カナダ特命全権大使
(顧問)小野寺完夫 元(財)宮城県国際交流協会理事長

◆ 幹事
泉岡 春美 (株)キャリアインターナショナル社長
遠藤 芳雄 (社)東北経済連合会常務理事
佐々木 脩 (株)ユアテック取締役総務部長
佐々木敬司 (株)仙台放送 マネージメントセンター総務グループ長
佐藤 元良 宮城学院女子大学講師
成沢 義雄 東北学院大学教授
結城  徹 仙台イングリッシュセンター代表
※ 退任 菊池善哉  元(株)ユアテック取締役総務部長



ページトップへ戻る


日加外交関係樹立75周年記念事業 カナダの思い出 高円宮殿下写真展

今年はカナダと日本の外交関係樹立75周年の記念の年であり、「カナダと日本:75周年」として、全国で様々なイベントが開催されています。当協会でもカナダ大使館の協力を得て、全国を巡回する標記写真展の仙台開催を主催しました。

 写真展では、日加友好に尽くされた高円宮殿下がカナダのクィーンズ大学留学時やカナダ訪問の際に撮影された写真29点を、殿下のエッセイとあわせて展示し、雄大な自然などカナダの魅力を紹介。このほか、日本とカナダ75年間の歴史や東北とカナダとの関係、カナダの都市紹介パネルも展示し、会期中の来場者数は、合計で約2,000人にものぼりました。

 同左写真展に合わせ東京のカナダ大使館料理アドバイザーの川素裕さんを講師に迎え、カナダ食材料理講習会を開催しました。サーモンや羊肉、ワイルドライスやアガリクス茸などを使った本格的な料理を学んだ後は、川先生のカナダや海外での仕事や生活などの楽しいお話を聞きながら、美味しくいただきました。



ページトップへ戻る


カナダワインセミナー (8月20日(金):於 ホテル仙台プラザ)

 今年度のカナディアン・カルチャースクール第1回目は「カナダワインセミナー」を開催しました。

 このスクールは「カナダについて気軽に楽しく学び、もっとカナダを好きになろう!」という目的で昨年から始まりました。今回は、最近のワインブームや、ここ数年の協会のパーティーなどでのカナダワイン人気を受け、ワインを通してカナダを知り、楽しく美味しくワインを飲みながらみんなで語らいましょうという趣旨で開催しました。

 講師には、東京都内でレストランを経営しカナダ食材に詳しい(株)宇無樹(うむぎ)のソムリエ 真篠輝久(ましのてるひさ)氏をお迎えし、カナダワインの概要、また実際にワインの抜栓の仕方とテイスティングについて学びました。その後、実際にワインと料理との相性を検証しながらの懇親会となりましたが、参加者の間で一番好評だったのは、カナダの代表的なアイスワインでした。

 今後も楽しいスクールを開催したいと考えておりますので、みなさんの「知りたいこと」「やってみたいこと」などお声をお待ちしています。



ページトップへ戻る


カナダと私

ツアーではナイアガラ滝を見ながら

御縁があって私は、東北日本カナダ協会副会長を拝命し、1990年10月には、当協会企画のカナダツアー37名の団長として、カナダの西半分を訪問することになった。

 私は事前にカナダに関する本を数冊調べた。その感想を次に述べたい。

 カナダ人はとても親切で、自然や動物を大切にしている。一方、政治面では、革命の手段を取らず漸進的(ぜんしんてき)に素晴らしい改革がなされ、経済面では、豊富な資源にハイテク技術を駆使して発展を続けている。そして地球環境保全面では、国を挙げての努力をし、国際社会においては、指導的な役割を演じている。そこで私は、21世紀においては、カナダは世界で最も尊敬される国の一つになるのではないかと思った。

 こうした予備知識の下に訪れたカナダは私の予想以上で、トロントは限りなく美しく、ナイアガラ・オン・ザ・レイクシティーは、都市と自然が絶妙なる調和をなし、リスは走ることを忘れ、ナイアガラ滝は真っ白で、滝壷の水しぶきに虹が此処彼処(ここかしこ)に立っていた。カナディアン・ロッキーは氷河に削られて岩肌を露に見せ、怒るが如く、悲しむが如く…。また、バンクーバーは、華麗なエリザベス公園や広大なスタンレー公園を憩いの場として、美しい都市づくりのもとに活気が溢れていた。

 カナダを代表するものの一つとして、クマのプーさんについて述べれば、プーさんは世界で最も愛読される童話の一つであり、最近よく売れている動物グッズの一つとして有名であるが、実は、カナダのオンタリオ州生まれの雌熊で、飼主の出身地ウィニペッグと、プーさんの生まれたホワイトフィールド、そして、プーさんが人気者になったロンドン動物園には、プーさんの銅像が建てられている。

 私は以上のことについて「東北見聞録」3(八朔社発行)で述べた所であるが、今後もカナダの事については色々と調べ、「東北見聞録」および協会機関誌「メイプル」に掲載していきたい。

黒田氏執筆の東北見聞録3。
書店にて好評発売中です。

バックナンバー

ページトップへ戻る


Tohoku Canada-Japan Society
All Rights Reserved,Copyright(C)1996,Tohoku Canada-Japan Society.