協会のご案内・入会案内 協会誌メープル 文化交流の広場 Events&Topics リンク

ホーム > 機関誌「メイプル東北」 > メイプルVol.33

機関誌「メイプル」 イメージ
バックナンバー
Maple33

PDF版ダウンロード
PDFファイルをご覧頂くには
『Adobe Acrobat Reader』
が必要です。
 アドビ アクロバット リーダー



平成19年度定時総会を開催しました

 5月22日、ホテルメトロポリタン仙台において、平成19年度定時総会を開催しました。総会には、在日カナダ大使館エチエン・ランベル二等書記官をお迎えし、会員約80名が出席しました。

  総会は、八島会長の議事進行により、平成18年度の事業報告および決算報告、平成19年度の事業計画および事業予算について審議を行い、それぞれ原案通り承認されました。また、監事の補欠選任が行われました。

  総会終了後には、財団法人ロングステイ財団事業部長の山田美鈴さんが「カナダでのロングステイについて」と題した記念講演を行いました。

あいさつをする八島会長 エチエン・ランベル二等書記官
あいさつをする八島会長 エチエン・ランベル二等書記官
◆ 平成18年度事業報告
1.定時総会および幹事会の開催

(1)平成18年度定時総会
  平成18年5月25日(木)於:江陽グランドホテル 約70名出席

(2)幹事会
  平成18年5月16日(火)於:東北電力本店ビル

2.クリスマスパーティーの開催

平成18年12月12日(火)於:仙台ホテル 約100名参加

3.カナダ艦船「オタワ」女川港寄港関連行事

(カナダ大使館からの招待)
  平成19年3月2日(金)八島会長、新本副会長ほか出席

4.カナディアン・カルチャースクール「カナダワインセミナー」の開催

平成19年3月9日(金)於:ホテル仙台プラザ 約40名参加

5.会員への情報提供サービス

(1)機関誌の発行
  平成18年10月および平成19年3月に機関誌「メイプル東北」(31号、32号)を発行

(2)ホームページのリニューアル
  http://www.tohoku-canada.org/

6.その他

(1)カナダ人形劇「はらぺこあおむし」への後援
  平成18年6月25日(日)於:イズミティ21

(2)在仙外国人による「日本語弁論大会」への協賛
  平成18年9月18日(月・祝)於:仙台国際センター

(3)会員間情報発信への協力

(4)カナダ大使館との連携

《平成18年度決算報告》 平成18年4月1日〜平成19年3月31日
◇ 収入の部 (単位:円)
項目 予算(a) 決算(b) 差異(b-a) 摘要
会費 2,860,500 2,805,000 ▲55,500  
特別会費 500,000 735,000 235,000 各種参加費
(内訳) 200,000
200,000
100,000
221,000
413,000
101,000
  総会
クリスマスパーティー
カナディアン・カルチャースクール
その他   1,335 1,335 銀行利息
小計 3,360,500 3,541,335 180,835  
前年度からの繰越金 1,152,554 1,152,554    
合計 4,513,054 4,693,889 180,835  
◇ 支出の部 (単位:円)
項目 予算(a) 決算(b) 差異(b-a) 決算
会議費 650,000 676,488 26,488 総会費、会議関連費用等
事業費 2,850,000 1,977,806 ▲872,194  
(内訳) 1,300,000
550,000
1,000,000
1,174,527
500,000
303,279
▲125,473
▲50,000
▲696,721
クリスマスパーティー
機関誌制作
カナディアン・カルチャースクール
事務費 1,000,000 689,609 ▲310,391 ホームページ、振込手数料等
予備費 13,054 0 ▲13,054  
小計 4,513,054 3,343,903 ▲1,169,151  
次年度への繰越金   1,349,986    
4,513,054 4,693,889 180,835  

《監査報告》 平成18年度「東北日本カナダ協会」の決算について監査したところ、関係書類と照合の結果適正であることを認めます。 平成19年5月8日 監事:日下 睦男/監事:木 健介

◆ 平成19年度事業計画
  1. 定時総会の開催 平成19年5月22日(火)於:ホテルメトロポリタン仙台
  2. クリスマスパーティーの開催
  3. カナディアン・カルチャースクールの開催
  4. 会員への情報提供サービスの充実
  5. 大使館等に対する交流行事等への協力
《平成19年度収支予算》 平成19年4月1日〜平成20年3月31日
◇ 収入の部 (単位:円)
項目 18年度(a) 19年度(b) 増減(b-a) 摘要
会費 2,860,500 2,847,000 ▲13,500  
(内訳) 2,400,000
225,000
234,000
1,500
2,400,000
195,000
252,000
0
  法人会員(@30,000):計80口(60法人)
団体会員(@15,000):計13口(11団体)
個人会員(@3,000):計84口(84名)
カナダ人会員(@1,500)(0名)
計 ( 計155)
特別会費 500,000 700,000 200,000  
(内訳) 200,000
200,000
100,000
200,000
400,000
100,000
  総会
クリスマスパーティー
その他諸行事
前年度からの
繰越金
1,152,554 1,349,986 197,432  
合計 4,513,054 4,896,986 383,932  
◇ 支出の部 (単位:円)
項目 18年度(a) 19年度(b) 増減(b-a) 摘要
会議費 650,000 650,000 0 総会、幹事会等
事業費 2,850,000 2,850,000 0  
(内訳) 1,300,000
550,000

1,000,000
1,300,000
500,000
500,000
550,000
0
▲50,000
500,000
▲450,000
クリスマスパーティー
機関誌(年2回)
ホームページ更新・管理費
(事務費より移管)
その他諸行事
(カナディアン・カルチャースクール等)
事務費 1,000,000 50,000 ▲950,000 通信費、振込手数料等
(HP関係費を事業費に移管)
予備費 13,054 696,986 683,932 カナダイベント協賛等
次年度への
繰越金
  650,000   次年度総会向け資金
4,513,054 4,896,986 383,932  
◆ 監事補欠選任(敬称略)

日下 睦男  →  片岡 不二夫 (株)仙台銀行専務取締役

木 健介  →  伊藤 裕造  (株)東日本放送代表取締役社長

「カナダ観光交流年」記念講演「カナダでのロングステイについて」 講演する山田美鈴さん 総会終了後の交流パーティー
「カナダ観光交流年」記念講演
「カナダでのロングステイについて」
講演する山田美鈴さん 総会終了後の交流パーティー



ページトップへ戻る


日本とカナダの国際物流(2005年)

1.日本とカナダ全体
佐藤元良(MBA)環太平洋国際物流研究グループ代表(本部ロンドン)
佐藤元良(MBA)
環太平洋国際物流研究グループ代表(本部ロンドン)

 日本からカナダへの輸出は9,768億円、輸入は9,878億円とトレード・バランスが良く保たれています。日本から全世界への輸出656,565億円の1.5%、輸入569,494億円の1.7%となっています。
参考までに米国への輸出は22.6%、米国からの輸入は12.4%、を示しています。一方、中国への輸出は13.4%、中国からの輸入は21.0%にも達しています。

2.東北6県・新潟県とカナダ

(1)輸出
 カナダへの輸出は73億6百万円(内宮城60億円、新潟7億円、福島6億円、山形3百万円、青森2百万円、秋田1百万円の順)。主要輸出産品は事務用機器、半導体、科学光学機器、音響映像機器、原動機、電気計測器、自動車部品等高付加価値産品が多く、全日本からカナダへの輸出の0.8%を占めています。

(2)輸入
 カナダからの輸入は輸出を大幅に上回り551億円(内宮城209億円、福島156億円、青森122億円、新潟38億円、秋田18億円、岩手7億円、山形1億円の順)となっていて、カナダから全国への輸入の5.6%。主要輸入産品はパルプ、穀物、魚介類等資源や原材料が大部分で最も重要な輸入国であります。カナダとは異質国間貿易関係にありますが、最近では、小型旅客機、事務用機器、音響機器等付加価値工業製品の輸入が目立ちます。年々、等質国間貿易関係へ近づいていく傾向にあります。

3.問題点

 東北6県ごと、新潟県の輸出・輸入額はあくまで各県内の国際貿易港(空港を含む)の税関取り扱い額であり、輸出・輸入製品が当該県以外のところで取り扱われた額(他県通関)は含まれておりません。宮城のケースでも他県通関は45%に及ぶものと推定されます。今後のポート・セールスや港湾・空港施設の整備を官民あげて行い、当県通関比率を引き上げて地域の活性化をはからなければと痛感しております。

4.その他

 東北6県の全世界への輸出は5,737億円、新潟県を含めると7,069億円と、日本の全世界への輸出656,565億円の1.1%ですが、北海道の輸出は、2,592億円、輸入は9,653億円で、東北6県・新潟県合計は輸出で4,477億円、輸入で6,424億円も上回っています。国際物流でははるかに北海道を凌駕しており、今後とも自信を持って臨むべきです。

◆カナダの対東北6県・新潟各県ごと国際物流概況統計 2005年◆

上記について調査の結果(各県ごと港湾ベース)は次の通りです。

(単位:億円)
県名 カナダへの輸出 米国への輸出
(参考)
中国への輸出
(参考)
全世界への輸出
青森 0.02 4 89 827
岩手 0 34 63 177
秋田 0.01 84 108 380
宮城 60 1,226 437 3,468
山形 0.03 17 92 506
福島 6 44 119 379
東北6県合計 66.06(0.7%) 1,409(1.0%) 908(1.0%) 5,737(0.9%)
新潟 7 209 508 1,332
合計 73.06(0.8%) 1,618(1.1%) 1,416(1.6%) 7,069(1.1%)
全国総計 9,768(100%) 148,062(100%) 88,245(100%) 656,565(100%)
(単位:億円)
県名 カナダからの輸入 米国からの
輸入(参考)
中国からの
輸入(参考)
全世界からの輸入
青森 122 355 128 1,650
岩手 7 50 16 147
秋田 18 55 106 908
宮城 209 465 514 4,950
山形 1 18 680 935
福島 156 70 208 2,657
東北6県合計 513(5.2%) 1,013(1.4%) 1,652(1.4%) 11,247(2.0%)
新潟 38 597 1,720 4,830
合計 551(5.6%) 1,612(2.3%) 3,372(2.8%) 16,077(2.8%)
全国総計 9,878(100%) 70,793(100%) 119,635(100%) 569,494(100%)

(出所:環太平洋国際物流研究グループ、ジェトロ、世界経済情報サービス、東京、横浜、函館各税関、東北6県、新潟県)


バックナンバー

ページトップへ戻る


Tohoku Canada-Japan Society
All Rights Reserved,Copyright(C)1996,Tohoku Canada-Japan Society.