協会のご案内・入会案内 協会誌メープル 文化交流の広場 Events&Topics リンク

ホーム > 機関誌「メイプル東北」 > メイプルVol.40

機関誌「メイプル」 イメージ
バックナンバー
Maple40

PDF版ダウンロード
PDFファイルをご覧頂くには
『Adobe Acrobat Reader』
が必要です。
 アドビ アクロバット リーダー



設立20周年にあたって

東北日本カナダ協会会長 八島 俊章

ごあいさつ

 東北日本カナダ協会は、1990年12月7日、設立趣旨にご賛同をいただいた130会員の皆様方とともに、東北とカナダの生活や文化、経済などの交流を通じた相互理解や友好親善の促進を目的に設立され、おかげさまで設立20年を迎えることができました。

 これもひとえに、会員の皆様やカナダ大使館をはじめ、多くの皆様方からのご支援、ご協力の賜物であり、心より感謝申しあげます。

 これまでの活動を振り返りますと、玉川初代会長および明間前会長のカナダ名誉通商代表就任をはじめとする、産業・経済関係のより一層の促進や明間前会長のカナダ名誉領事就任による在仙台カナダ名誉領事館の開設、また、カナダに関する各種展示会やイベントなどを通じた文化交流など、活発な交流促進を行ってまいりました。

 そして、私自身、これら多くの活動を通じて、東北とカナダの相互理解が促進され、友好関係がより強固になっているものと実感しております。

 今後も、会員の皆様やカナダ大使館をはじめ、関係各位からのご支援、ご協力をいただきながら、東北とカナダの明るい未来に向けて、幅広い分野での交流機会を積み重ね、一層の交流促進、友好親善を図るとともに、会員相互の親睦が深まり、会員の輪が広がりますことを心より祈念し、ご挨拶とさせていただきます。

The Tohoku Canada-Japan Society wasestablished on December 7, 1990 with an initialmembership of 130 organizations and individuals.Since then, the Society has pursued its foundingmission: fostering friendship, goodwill, and mutualunderstanding between Tohoku and Canadathrough cultural, economic and other exchanges.The Society just recently celebrated its 20thanniversary. On behalf of the Society, I would liketo express our deepest gratitude to members ofthe Society, the Embassy of Canada in Japan,and all other stakeholders who have providedexceptional support and understanding of ouractivities.

Throughout these 20 years, we have madepositive contributions to developing stronger tiesbetween Tohoku and Canada. The Society' s firstchairman Toshio Tamakawa and former chairmanTeruyuki Akema served as honorary traderepresentatives of Canada and strived to promoteeconomic and business relationships. TheHonorary Consulate of Canada in Sendai wasestablished when Mr. Akema was appointedhonorary consul of Canada. We have alsoorganized and sponsored many exhibitions andcultural exchange events. I have personallywitnessed that these activities have helpeddevelop great under s tanding and sol idfriendships.

For the next 20 years and beyond, we willcontinue striving to promote cultural, economicand other exchanges between Tohoku andCanada. We also hope to see stronger ties offriendship among members of the Society andfurther expansion of the membership over theyears. In cooperation with its members, theEmbassy of Canada in Japan and many otherstakeholders, the Tohoku Canada-Japan Societyis committed to making continuous contributionsto building a bright future for Tohoku and Canada.



ページトップへ戻る


設立20周年によせて

駐日カナダ大使 ジョナサン・T・フリード

メッセージ

 東北日本カナダ協会の設立20周年に際し、心よりお祝い申し上げます。
 1990年の設立以来、東北日本カナダ協会は、あらゆる年代の人々、団体、企業が参加する多彩な活動を通じて、カナダと日本の関係の発展に大きく貢献されています。20周年を記念して昨年12月に開催された、「美しきカナダ展〜豊かなる自然の恵み〜」は、協会の皆様による、東北の方々にカナダの魅力を伝える取組みが大きな成果をあげていることを示す、ごく最近の例です。

 カナダ大使館は、日加関係の基礎となっている、人と人との絆を広げる努力を支援するため、民間からの多大なご協力を得て、カナダで学ぶことを望む日本人の学生に奨学金を給付する、「日加リーダーシップ基金」を創設しました。

 八島会長のリーダーシップのもと、東北地方の学生の皆さんもこの機会を大いに利用していただけるよう東北日本カナダ協会からも奨励していただき、両国の架け橋となる次世代の人々のご支援をいただけることを願っております。

 カナダ大使館は、日加関係の未来が明るく発展的なものになるよう、今後も東北日本カナダ協会の皆様と協力していくことを楽しみにしております。

I am delighted to offer congratulations to theTohoku Canada-Japan Society on its 20thanniversary.

Since its inception in 1990, the TohokuCanada-Japan Society has contributed greatlyto the advancement of Canada.Japan relationsthrough a remarkable range of activitiesengaging people young and old, associationsand companies. The exhibition "BeautifulCanada - an Abundance of Nature Blessings,"hosted in December to commemorate theanniversary, is only the most recent example ofthe society' s ongoing and successful efforts topromote Canada in the Tohoku region.

To support efforts in expanding people-to-peopleties that form the foundation of our bilateralrelations, the Embassy of Canada, withgenerous contributions from the private sector,has established the "Canada-Japan LeadershipFund" to provide scholarships to Japanesestudents intending to pursue studies in Canada.Under President Yashima' s leadership, Iwelcome the Society' s encouragement tostudents from the Tohoku region to takeadvantage of this program, and thus to supportthe next generation of people who will bebridges between our two countries.

On behalf of all my Embassy colleagues, welook forward to continuing our collaborationwith the Tohoku Canada-Japan Society toensure a bright and prosperous future forCanada-Japan relations.



ページトップへ戻る


クリスマスパーティー2010を開催

 12月8日、仙台市内のホテルで毎年恒例のクリスマスパーティーを開催しました。当日は、ご来賓としてカナダ大使館からジョナサン・T・フリード大使が出席、また、ゲストとして日加修好80周年親善大使のMONKEY MAJIKのメンバー2名(仙台市在住)も出席し、協会会員やそのご家族などを含め総勢107名の参加により、盛大なパーティーとなりました。

 はじめに、八島会長が挨拶に立ち、「当協会は今年20周年を迎えた。20周年記念行事については、多くの方々にカナダの文化や教育などに触れていただきたい。そして、今後もカナダと東北の友好親善・交流促進に向け、活発に活動していきたい」と述べました。

 続いて、来賓のフリード大使から、「長年にわたり、東北とカナダの関係強化に取り組んでいただき感謝します。東北とカナダは、今後も友好親善関係が、より進むものと確信しております。」とご挨拶をいただきました。

 その後、漫才コンビ「黒船」によるクリスマスミニ漫才や法人会員各社ご協力による恒例のクリスマスプレゼント抽選会が行われ、会場は大いに盛り上がりました。

 パーティーの運営にあたりましては、今回も多くの会員の皆さまにご協力をいただきました。

 あらためてご協力に感謝申し上げます。

◆ 開会挨拶

 八島俊章会長(東北経済連合会名誉会長、東北電力相談役)が開会の挨拶を行いました。

◆ 来賓挨拶

 ジョナサン・T・フリード大使によるご挨拶。初めての来仙です。

◆ 乾杯

 小林副会長(東日本興業相談役)が乾杯の発声を行いました。

◆ クリスマスミニ漫才
黒船(カナダ人:ロバート・ボールドウィン(写真右)とイラン人:インゴ(写真左)による漫才が披露されました。)
◆ クリスマスプレゼント抽選会
サンタさんとツリーボーイが会場を盛りあげました。
MONKEY MAJIKもプレゼントに笑顔。
◆ 閉会挨拶

 新本副会長(セルコホーム代表取締役社長)が閉会の挨拶を行い、パーティーは盛会に終了しました。



ページトップへ戻る


特集 東北日本カナダ協会設立20周年記念行事を開催

『美しきカナダ展〜豊かなる自然の恵み〜』

12/14 〜 26 日に開催したカナダ展のタイトルサイン
12/14〜26日に開催したカナダ展のタイトルサイン
※ブリティッシュ・コロンビア州:ヨーホ国立公園
Tourism BC/Albert Normandin

 12月14日〜26日の間、東北電力との共催により、東北電力グリーンプラザ アクアホールにおいて、20周年記念行事『美しきカナダ展〜豊かなる自然の恵み〜』を開催いたしました。

 この展示は、協会設立20周年を記念して、東北とカナダのより一層の交流促進を目的に、多くの方々がカナダの生活や文化・教育などに触れることで、カナダへの関心を深め、カナダの魅力を新発見・再発見していただくべく開催したものです。

 会場では、カナダ大使館やカナダ観光局からご協力をいただき、カナダの雄大な自然や野生動物などの写真パネルや写真家の茅原田哲郎氏がバンクーバー滞在時に撮影した写真も展示しました。また、カウチン族が編んだ伝統的カウチンセーターや昨年開催されたバンクーバー五輪の記念コインなども展示しました。

 開催期間中の来場者数は15,000人を超え、来場した方々を魅了、来場者から「とてもきれいだ」「カナダに行ってみたくなった」などの多くのコメントが寄せられました。

カナダ展来場の様子
カナダ展来場の様子
美しい写真に魅了されます
美しい写真に魅了されます

プレイバック 美しきカナダ展

ヌナブト準州:氷山 ※ヌナプト準州:氷山 Nunavut Tourism
ヌナブト準州:氷山
※ヌナプト準州:氷山 Nunavut Tourism
ノースウエスト準州:イエローナイフオーロラビレッジ ※ノースウエスト準州:イエローナイフ オーロラビレッジ Canadian Tourism Commission
ノースウエスト準州:イエローナイフオーロラビレッジ
※ノースウエスト準州:イエローナイフ オーロラビレッジ Canadian Tourism Commission
マニトバ州:ホッキョクグマ ※マニトバ州:ホッキョクグマ Canadian Tourism Commission
マニトバ州:ホッキョクグマ
※マニトバ州:ホッキョクグマ Canadian Tourism Commission
伝統的カウチンセーター
伝統的カウチンセーター

〜茅原田哲郎氏の写真〜


スタンレーパークの紅葉
スタンレーパークの紅葉
ライオンズゲートブリッジの夜景
ライオンズゲートブリッジの夜景
イングリッシュベイでの日光浴
イングリッシュベイでの日光浴
グラウスマウンテンから望むバンクーバー
グラウスマウンテンから望むバンクーバー

カナダの魅力トークショー

 『美しきカナダ展〜豊かなる自然の恵み〜』開催期間中の12月18日に、一般市民を対象とした交流イベント「カナダの魅力トークショー」を開催しました。講師には、写真家の茅原田哲郎氏や東北インターナショナルスクール校長のジェームズ・ステュワード氏らを招き、公募による34名の市民の方々とカナダの生活や文化・教育などについてディスカッションしました。

茅原田さん
茅原田さん
櫻井さんとジェームズさん
櫻井さんとジェームズさん
会場の様子
会場の様子

「 ファインダーから見たバンクーバー〜こころ豊かな暮らしにふれて」

講師:茅原田 哲郎 氏(写真家)

概要:カナダバンクーバーで生活された経験から、生活環境での体験談や周辺の観光スポットなどについて紹介されるとともに、多人種・多文化国家カナダの最大の魅力は、「誰でも寛大に受け入れてくれるところ」と言及されました。 また、スライド写真を用いて、バンクーバーの四季折々の美しい景観が紹介されました。

「 2週間からのカナダ留学とワーキングホリデー〜魅力ある自然と多様で多彩な人々」

講師:ジェームズ・ステュワード氏(学校法人南光学園東北インターナショナルスクール校長)
櫻井 亮太郎 氏(株式会社ライフブリッジ代表取締役)

概要:カナダオンタリオ州出身のジェームズ氏とカナダ留学の経験が豊富な櫻井氏によるトークセッションが行われ、カナダの学校の様子や教育環境などについてお話しされました。カナダ留学やワーキングホリデー、ホームステイなどの人気が高い秘訣として、「カナダは教育を重視する国柄で制度や施設がとても充実しているから」と言及されました。


料理教室「赤毛のアンのレシピからクリスマス料理」

シェフの説明を聞く様子
シェフの説明を聞く様子
シェフの腕前に注目
シェフの腕前に注目
美味しくできあがりました
美味しくできあがりました

講師:池田 一之 氏(仙台ロイヤルパークホテル総料理長)

概要:公募による市民16名が参加し、赤毛のアンのレシピ本を使ってクリスマス料理を作りました。参加者の方々は、講師の丁寧なアドバイスのもと調理され、出来上がった料理は、参加者全員で美味しくいただきました。

メニュー

参加者の主なコメント


カナディアン・カルチャースクール「東北カナダそば」を食べる会

 12月26日、東北電力グリーンプラザIHクッキングスタジオでカナディアン・カルチャースクールを開催し、カナダ産のそば粉と東北産のそば粉をブレンドした「東北カナダそば」を会員の方々とともに楽しみ、会員相互の交流促進を図りました。

 講師には、「木漏れ庵」松ノ井久弘さん、協会会員の神谷謹一さん、木村健一さんらを迎え、熟練したそば作りの職人技が披露されました。

 参加者の方々は、茹で上がった香り豊かでのどごしの良い「東北カナダそば」に舌鼓みを打ち、お腹いっぱい・笑顔いっぱいで満喫した時間を過ごされました。

まめ知識 カナダのそば粉をご存知ですか?

カナダ産そば粉(一番左)
カナダ産そば粉(一番左)
 そばは中国南部原産の植物ですが、カナダでも平原東部諸州で40年以上にわたり栽培されています。そのほとんどは日本やアメリカへ輸出されており、日本は、カナダ産そばの重要な輸出市場です。過去においては、全カナダ産そば粉輸出量の約6割以上を日本へ輸出していましたが、近年は、日本のそば輸入量が減少していることに加え、アメリカからの輸入が増加していることもあり、カナダからのそば粉輸入は減少傾向にあります。

 至近、カナダ農務・農産食品省は、そばの機能性向上と食品・非食品用途における付加価値の拡大に焦点を当てた研究で、新たな栽培方法の開発や品種改良などが行われ、収穫量の向上や日本人の好みに合う新品種の開発がなされています。

バックナンバー

ページトップへ戻る


Tohoku Canada-Japan Society
All Rights Reserved,Copyright(C)1996,Tohoku Canada-Japan Society.