協会のご案内・入会案内 協会誌メープル 文化交流の広場 Events&Topics リンク

ホーム > 機関誌「メイプル東北」 > メイプルVol.51

機関誌「メイプル」 イメージ
バックナンバー
Maple51

PDF版ダウンロード
PDFファイルをご覧頂くには
『Adobe Acrobat Reader』
が必要です。
 アドビ アクロバット リーダー



マルシアル・パジェ首席公使が講演〜カナダの多彩な魅力を紹介〜

講演を行うマルシアル・パジェ首席公使。美しい写真とともにカナダの魅力が語られた
▲講演を行うマルシアル・パジェ首席公使。
美しい写真とともにカナダの魅力が語られた

定時総会後、マルシアル・パジェ首席公使により、「The Charms of Canada」(「カナダの魅力」)と題して、ご講演いただきました。

講演は、四季折々の美しい自然や観光名所など、多くの綺麗な写真とともにカナダの魅力が伝えられました。また、希少な野生動物や、有名なメープルシロップをはじめとするワインやシーフードなどの食文化、スポーツ、先住民との深い関係など、さまざまな分野に関する興味深い情報提供がなされ、カナダツアーを控えた当協会にとって、カナダに対する理解を深める貴重な機会となりました。

総会には、日加協会常務理事で、2010年から2013年まで在カナダ日本国大使を務められた石川薫様に来賓としてご出席いただきました。石川様からは、東日本大震災当時、ご自身が大使時代に受けたカナダ国からの温かい支援について紹介がなされました。

総会・講演終了後には交流会を開催し、出席者相互の親睦を深めました。

震災当時の想いを語る石川薫様 出席者による集合写真
▲震災当時の想いを語る石川薫様
▲出席者による集合写真

〜メイプル伝言版〜
ケーキ

2017年7月1日のカナダデー(建国記念日)に、カナダは建国150周年を迎えます。毎年カナダデーには各地でイベントやパレードが行われ、顔に国旗やメイプルをペイントした人々が街中に溢れ、盛大に記念日をお祝いします。150周年となる来年は、国立公園の入場料が無料になるなど、例年以上にさまざまな企画が計画され、大規模な盛り上がりを見せることでしょう。



ページトップへ戻る


平成28年度定時総会を開催

7月5日、江陽グランドホテルで平成28年度定時総会を開催しました。当日は、会員や関係者などあわせて約80名が出席し、各議案の審議が行われました。

冒頭、高橋会長は、「平成27年度は、東北復興支援チャリティークリスマスパーティーや、カナディアン・カルチャースクールをはじめとしたさまざまな活動を展開することができた。今後も、これまで築き上げてきた東北とカナダとの友好的な関係を大切にしながら活動を展開していきたい」と挨拶しました。

総会には、来賓としてカナダ大使館からマルシアル・パジェ首席公使が出席され、「設立25周年を迎える東北日本カナダ協会の皆さまには、長きにわたり、友好な日加関係の構築にご尽力いただき感謝申し上げる。この1年は、G7伊勢志摩サミットや東日本大震災復興イベントなど、あらゆる面でカナダと日本、そして東北とのつながりがより深まった。この関係をさらに発展できるよう、カナダ大使館としても協力していきたい」と祝辞をいただきました。

今回の総会では、平成28年度事業計画として、定時総会、クリスマスパーティー、カナディアン・カルチャースクール、設立25周年記念行事としてのカナダツアーの実施などが承認されました。引き続き、協会運営に対する会員の皆さまのご支援・ご協力をお願いいたします。


震災当時の想いを語る石川薫様 来賓として出席されたマルシアル・パジェ首席公使
▲ 定時総会の開催にあたり挨拶を述べる高橋会長
▲来賓として出席されたマルシアル・パジェ首席公使
◆ 平成28年度役員
会 長
高橋 宏明 一般社団法人東北経済連合会名誉会長
東北電力株式会社相談役
副 会 長
新本 恭雄 セルコホーム株式会社代表取締役社長
竹内 次也 株式会社仙台放送代表取締役社長
熊谷  満 株式会社ユアテック相談役
永山 勝教 株式会社七十七銀行取締役副頭取
伊藤 和明 株式会社宮城テレビ放送代表取締役社長
一力 敦彦 東北放送株式会社代表取締役社長
監 事
橋  博 株式会社仙台銀行常務取締役
赤坂 正弘 株式会社東日本放送取締役



ページトップへ戻る


Maple Letters
協会設立25周年記念行事「カナダツアー」を実施
首都オタワの国会議事堂前にて
▲首都オタワの国会議事堂前にて

当協会では、10月7日から14日までの8日間、「東北日本カナダ協会設立25周年記念行事カナダツアー」を実施しました。協会設立25周年を記念して、東北とカナダの相互理解を深め、更なる友好親善関係の促進を目的に実施したもので、高橋会長、新本副会長をはじめ会員19名が参加しました。

ツアーの中で首都オタワの在カナダ日本国大使館を訪問した一行は、門司健次郎大使と面談しました。大使からは、最近の日加関係や日本酒をはじめとする日本文化の普及活動について情報提供を受けました。高橋会長からは、当協会の活動、今回のカナダ訪問の目的などについて説明し、今後の日加協力等について幅広く意見交換が行われました。

門司大使(右)と意見交換を行う訪問団一行 日本大使館ロビーにて門司大使を囲み記念撮影
▲ 門司大使(右)と意見交換を行う訪問団一行
▲日本大使館ロビーにて門司大使を囲み記念撮影

その後訪問団一行は、日本の外務省にあたるカナダ政府グローバル連携省を訪問しました。高橋会長はあいさつの中で、東日本大震災後の東北に対するカナダ国からの支援に対し謝意を伝えました。元カナダ大使館参事官のローリー・ピーターズ氏をはじめとするグローバル連携省の担当者からは、カナダの歴史や日加ビジネス関係、また、来年建国150周年を迎えるカナダの記念事業などについて説明を受け、ツアー参加者と幅広く意見交換を行いました。

カナダ政府グローバル連携省 英語であいさつを述べる高橋会長 建国150周年について説明するローリー・ピーターズ氏 さまざまな情報提供がなされ、訪問団はカナダに対する理解と認識を深めた
▲ カナダ政府グローバル連携省
▲英語であいさつを述べる高橋会長
▲建国150周年について説明するローリー・ピーターズ氏
▲さまざまな情報提供がなされ、訪問団はカナダに対する理解と認識を深めた

そのほか訪問団一行は、雄大なカナディアンロッキーや大自然が作り出した美しい湖を有するバンフを訪問しました。巨大な雪上車で向かうコロンビア大氷原では、長い年月をかけて作られた氷河の上を歩きました。また、木々の葉が赤や黄色に色付くオタワやモントリオールなど「メープル街道」の街並みと、刻一刻と変わるその壮大な風景に触れ、カナダの魅力を再認識するツアーとなりました。

エメラルドレイク。神秘的な水の色と湖面に写るカナディアンロッキーが見る者を魅了する 雪上車で向かうコロンビア大氷原にて 紅葉が似合うモントリオールの街並み
▲ エメラルドレイク。神秘的な水の色と湖面に写るカナディアンロッキーが見る者を魅了する
▲雪上車で向かうコロンビア大氷原にて
▲紅葉が似合うモントリオールの街並み


バックナンバー

ページトップへ戻る


Tohoku Canada-Japan Society
All Rights Reserved,Copyright(C)1996,Tohoku Canada-Japan Society.